浜松遠州・浜名湖の旬の食材

〜 春 〜

生シラス

魚魯魚魯 旬の食材 生しらす

生シラスは鮮度が命。
朝方漁に出て昼に戻る舞阪漁港の生シラスは鮮度抜群ピチピチ、キラキラしています。
こだわりの醤油とおろしたての生姜で食べるのが一押しです。

生シラス 美味しさの理由

 

もちかつお

魚魯魚魯 旬の食材 もち鰹

浜松人が春になると待ち遠しくてそわそわしだすのが、もちがつお。
初水揚げの日は漁港に人が溢れます。

もちがつおとは一言で言うと死後硬直する前のかつお。
種類が違うわけではない。
ただそのモチモチとした食感を保つ為、漁師さんも各自秘密の締め方や保管法があるほど。

もちろん我々飲食店もモチモチを長く持たせるために色んな工夫をします。時期によっては大間のマグロより高くなる時も!!肉厚に切ったかつおをニンニクスライスで食べるのが最高です。

魚魯魚魯では贅沢に皮を炙り、自家製のポン酢とたっぷりの葱、ニンニクスライスと一緒に食べるのもおすすめしています!!

もちかつお 美味しさの理由

 

真鯛

魚魯魚魯 旬の食材 マダイ

舞阪漁港では春と秋の専門漁の他、夏にも揚がります。

舞阪漁港では真冬以外手に入る活マダイ。

洋上で揚げた活マダイはデッキ下の生け簀に放ち泳がせたまま水揚げされます。

美しい春の色を持つ桜ダイは、刺し身のほか、美しい兜やアラと余すところなく楽しめるマダイを最高鮮度でご賞味ください。

 

マトウダイ

魚魯魚魯 旬の食材 マトウダイ

マトウダイは漁師さんのご馳走

舞阪漁港に揚がる鮮度バツグンのマトウダイは、舞阪漁師さんのご馳走。
市場に漁師さんの奥さんがわざわざ買いに来るのは地魚として愛されている証拠です。

マトウダイは刺し身でも煮付けにしても美味しく、魚を知り尽くした漁師さんが選ぶ魚なのです。

魚の美味しさを知る舞阪漁師さんの家庭料理に欠かせないのがマトウダイです。

 

〜 夏 〜

天然うなぎ

魚魯魚魯 旬の食材 鰻

浜松は養殖うなぎが有名ですが、やはり天然もののうまさにはかないません
臭みがなく、上品だけれど濃厚な旨み、脂。

天然うなぎは炭焼きの白焼きに天然わさび、浜名湖の海苔とともに食べて頂くのが一番です。

天然うなぎ 美味しさの理由

 

鱧(はも)

魚魯魚魯 旬の食材 鱧

関西のイメージの強い鱧も舞阪港では水揚げがあります。

浜松ではあまり鱧を食べる文化がないため、そのほとんどは関西方面に送られるそうです。
肉厚の鱧はさっぱりとしながらも、火を入れると旨みが増すので魚魯魚魯では極太の鱧を狙って落としています。

贅沢に大ぶりに切った天ぷらが一押し。

鱧 美味しさの理由

 

渡り蟹(ワタリガニ)

魚魯魚魯 旬の食材 ワタリガニ

蟹は死ぬとすぐに匂いが出るので鮮度が大切。

カニ漁も一日前にかけた網を次の朝に揚げるので鮮度抜群。
生きている蟹を活け締めしたあとに蒸し上げます。

さっぱりとしながらも上品な甘さのワタリガニは蒸したその日に食べるのが絶品です!

渡り蟹 美味しさの理由

 

鯒(コチ)

夏のフグとも言われる旨みの濃厚な魚。
蟹網にかかってきます。

身質もしっかりしているので神経締めした後に少し寝かせ、薄づくりで自家製ポン酢で食べるのが魚魯魚魯のおすすめ。

 

真鯛

魚魯魚魯 旬の食材 マダイ

舞阪漁港では春と秋の専門漁の他、夏にも揚がります。

舞阪漁港では真冬以外手に入る活マダイ。

洋上で揚げた活マダイはデッキ下の生け簀に放ち泳がせたまま水揚げされます。

美しい春の色を持つ桜ダイは、刺し身のほか、美しい兜やアラと余すところなく楽しめるマダイを最高鮮度でご賞味ください。

 

マトウダイ

魚魯魚魯 旬の食材 マトウダイ

マトウダイは漁師さんのご馳走

舞阪漁港に揚がる鮮度バツグンのマトウダイは、舞阪漁師さんのご馳走。
市場に漁師さんの奥さんがわざわざ買いに来るのは地魚として愛されている証拠です。

マトウダイは刺し身でも煮付けにしても美味しく、魚を知り尽くした漁師さんが選ぶ魚なのです。

魚の美味しさを知る舞阪漁師さんの家庭料理に欠かせないのがマトウダイです。

 

マアジ

魚魯魚魯 旬の食材 マアジ

アジという名は文字どおり味がよいから。

舞阪漁港のタチ・アジ漁は早朝出漁の午後戻り。
まさに日戻り品質を誇り、もちろん冷凍などせず活かしたままの水揚げのため、キトキトの刺し身鮮度を持っています。

これを当日お楽しみいただこうと舞阪漁港の出漁日に直に仕入れています。

つい先ほどまでビリビリと体を震わせてていた新鮮なマアジをお楽しみください。

 

ガザミ

魚魯魚魯 旬の食材 ガザミ

ガザミはワタリガニの代表

カニといえば北陸のズワイガニ、北海道のタラバガニや毛ガニを想像しますが、遠州灘・浜名湖の地ガニといえばワタリガニです。

ワタリガニを代表するのがガザミ、舞阪や浜名湖ではササガニとも呼ばれています。

蒸しガニ・茹でガニとしてそのままでも楽しめるガザミは、身をほぐしてさまさまな料理に使うことができます。

オスの身のジューシーな甘みとミソの美味しさ、、
産卵の時期にはメスは甲羅の中に内子(うちこ:甲羅の中にある卵)を持ち、ミソと共に楽しめます。

 

甘鯛

魚魯魚魯 旬の食材 アマダイ

京都でグジと呼ばれるアマダイ

舞阪漁港のアマダイは、多くが需要が高い京・関西や関東へと送られていきますが、遠州灘の地魚としてお楽しみいただきたいと思います。

京料理で珍重されるアマダイは、はんなりした味を楽しむ料理であるように、ひと塩しておく、昆布締めするなどひと手間加えて楽しむのが甘鯛料理。
身に加え皮目もおいしいことから、料理の工夫次第でさらに美味しさを楽しめます。

京で楽しまれるアマダイを浜松で、地元の市場には出にくい希少な魚を大切に料理させていただきます。

 

車海老

魚魯魚魯 旬の食材 クルマエビ

サイマキ(細巻)と呼ばれる浜名湖の天然クルマエビ

サイマキ(細巻)とは、浜名湖に棲む10センチほどの天然クルマエビのこと。
このクルマエビが遠州灘に出れば、時に30センチほどの大クルマエビに成長します。

浜名湖は古くからクルマエビの産地です。
クルマエビを獲る漁がさまざまな伝統漁が続き、今も行われています。

その身の甘さ、姿の美しさから海老のなかでも最高級と言われるクルマエビ。
様々な料理のご提案をさせていただきます。

 

〜 秋 〜

ドウマンガニ

魚魯魚魯 旬の食材 ドウマンガニ

幻の蟹とも言われるドウマンガニ。
1日に一匹も揚がらないこともよくあります。

だからこそ直接仕入れに行かないと中々手に入れることができないほど。大きな爪と濃厚な味噌が特徴です。蒸し上げたドウマンカニの身にたっぷりの味噌を絡めて食べるのが最高。

殻に日本酒を入れ温めて飲むと、味噌が日本酒に溶け込み日本酒好きな方は必ずうなります。

浜名湖ドウマンガニ 美味しさの理由

 

真鯛

魚魯魚魯 旬の食材 マダイ

舞阪漁港では春と秋の専門漁の他、夏にも揚がります。

舞阪漁港では真冬以外手に入る活マダイ。

洋上で揚げた活マダイはデッキ下の生け簀に放ち泳がせたまま水揚げされます。

美しい春の色を持つ桜ダイは、刺し身のほか、美しい兜やアラと余すところなく楽しめるマダイを最高鮮度でご賞味ください。

 

マトウダイ

魚魯魚魯 旬の食材 マトウダイ

マトウダイは漁師さんのご馳走

舞阪漁港に揚がる鮮度バツグンのマトウダイは、舞阪漁師さんのご馳走。
市場に漁師さんの奥さんがわざわざ買いに来るのは地魚として愛されている証拠です。

マトウダイは刺し身でも煮付けにしても美味しく、魚を知り尽くした漁師さんが選ぶ魚なのです。

魚の美味しさを知る舞阪漁師さんの家庭料理に欠かせないのがマトウダイです。

 

タカアシガニ

魚魯魚魯 旬の食材 タカアシガニ

舞阪漁港に揚がる世界最大のカニ

舞阪漁港の沖には相模湾や駿河湾同様の深みがあります。
伊豆戸田の名物として知られる世界最大に育つタカアシガニが底曳き漁で舞阪漁港でも水揚げされています。

ズワイガニやタラバガニと同様には身が詰まってはいませんが、この大きさから採れる身は多く、甲羅の中の多くのミソも楽しめます。

遠州灘の地ガニのひとつ、世界最大のタカアシガニをお召し上がりください。

 

〜 冬 〜

天然とらふぐ

魚魯魚魯 旬の食材 とらふぐ

日本の天然とらふぐの80%は舞阪産のフグと言われています。
そして世に出回っているとらふぐのほとんどが養殖ものです。
天然ものはやはり旨みが違います。そして鍋にした時に違いが歴然になります。火を通しすぎても身が縮みません。そして柔らかく、やはり旨みが全く違います。

天然とらふぐコースで天然とらふぐを堪能して下さい。

天然とらふぐ 美味しさの理由

 

アカザエビ

魚魯魚魯 旬の食材 アカザエビ

深海に生息する超高級エビ。
上品且つしっかりとした旨みが特徴で伊勢海老よりも美味しいという人が多いです。

贅沢に炭火焼、刺身は鮮度抜群だからこその味噌も楽しんでもらいます

アカザエビ 美味しさの理由

 

牡蠣

魚魯魚魯 旬の食材 牡蠣

プランクトンの多い汽水である浜名湖は牡蠣養殖の絶好の場所。
旨みたっぷりの身に育ちます。
そして『生剥き』といって薬品処理をせず、揚がった牡蠣をすぐ剥くことで生食はできませんが加工用には最高の牡蠣なんです。

浜名湖の牡蠣はの特徴は火を入れても全く縮まないこと、そして身が大きく旨みも濃厚なこと。

魚魯魚魯冬の名物、牡蠣の生姜ネギ蒸しはおかわり続出の自信作です。

浜名湖牡蠣 美味しさの理由

 

唐墨

寒さが厳しくなる時期に、全国から選りすぐったボラの卵巣を東京の超有名店に教えてもらった秘密のやり方で唐墨へと仕込んでいきます。

魚魯魚魯の唐墨は驚く程柔らかいこと。
柔らかいのにしっかりと熟成されている驚きの逸品。

リクエストも多いため手土産に販売もしています。


 

タカアシガニ

魚魯魚魯 旬の食材 タカアシガニ

舞阪漁港に揚がる世界最大のカニ

舞阪漁港の沖には相模湾や駿河湾同様の深みがあります。
伊豆戸田の名物として知られる世界最大に育つタカアシガニが底曳き漁で舞阪漁港でも水揚げされています。

ズワイガニやタラバガニと同様には身が詰まってはいませんが、この大きさから採れる身は多く、甲羅の中の多くのミソも楽しめます。

遠州灘の地ガニのひとつ、世界最大のタカアシガニをお召し上がりください。

 

アカムツ(のどぐろ)

魚魯魚魯 旬の食材 アカムツ(ノドグロ)

高級魚アカムツ(のどぐろ)

ノドグロとは市場名、その由来は口の中が真っ黒であるからです。

美しさ美味しさからも高級魚であるアカムツは島根の他、遠州灘の地魚が揚がる舞阪漁港にも揚がます。
近隣に水揚げ漁港がないことからも、浜松の貴重な地魚として扱っています。

舞阪漁港のアカムツは早朝出漁の昼水揚げと最高の鮮度を持ち、刺し身で楽しめるほか、深海の魚独特のうまい脂を持ち、料理するとその脂がとろけ出します。

 

あんこう

魚魯魚魯 旬の食材 アンコウ

深海魚の代名詞アンコウは浅い海にもやってくる

深海魚といえばアンコウ。
大きな口にズラリと並ぶ歯を持つアンコウは深海魚が持つイメージを代表しています。

遠州灘の地魚が揚がる舞阪漁港では深海に網を曳く底曳き漁でも水揚げされますが、中深海に網を曳くタイ網漁でも水揚げされます。
アンコウは産卵期になると浅い海域にもやってくることから、中深海に棲む魚とされています。

アンコウが主に冬に楽しむ魚であるのは鍋で楽しめることから。
味噌仕立て・醤油仕立て、最近ではチゲや煮付けに唐揚げなど体を暖めてくれる料理が楽しめます。

そしてあんこうのお楽しみといえば、あんきも。
深海の魚独特のうまい脂を持つことから、なめらかな食感に甘みを感ずるのはご存知のとおりです。

 

メヒカリ

魚魯魚魯 旬の食材 メヒカリ

舞阪の冬を代表する魚のひとつメヒカリ

メヒカリは底曳き漁のみで水揚げされる魚です。

静岡県では舞阪漁港と沼津漁港、他には愛知県での水揚げのみで獲れるのみ。
水揚げ量も限定されており、大変貴重な地魚のひとつです。

メヒカリは一度召し上がりその味を覚えていただくと必ずまた楽しみたくなる、口コミで広がる美味しさと言われています。
誰かにススメたくなる味、舞阪漁港でしか手に入らないメヒカリ、その美味しさをぜひ広めてください。

もち鰹

2018/07/06
御前崎からもち鰹❗️

昨日の大雨は凄かった… 数メート...<詳しくはこちら>

2018/06/28
高級魚甘鯛!

今日は高級魚「甘鯛」! 魚魯魚魯...<詳しくはこちら>

浜松市の居酒屋「魚魯魚魯(ぎろぎろ)」
〒430-0928
静岡県浜松市中区伝馬町312-20
TEL.053-455-6011
定休日:年中無休